ひもとして生きる人の経験を語ってもらうと

人の経験はかなり勉強になることが多いです。
それがたとえばひもとして生きてきた人の経験の場合、かなり普通の人とは見方や考え方が異なることに驚きます。
実際に女性のお金で食べさせてもらっている人は、女性に甘える方法をしっかりと知っています。
それは、ひもとして生きるのに欠かすことができないスキルであり、体験談の中で必ず出てくることです。
もちろんそれだけではなく、彼らは彼らなりの努力をして、女性を喜ばせるために日ごとの鍛錬を欠かさなかったりと忙しいと聞きました。

私のひも体験談

私がひも生活を行ったのは大学生の頃です。
あの頃は時間をもてあましていたので、本当に自堕落な生活を行っていました。
一人暮らしと言うこともあって、出会い系でセフレを探していたときに出会ったのが、40代前半の奥さんでした。
旦那さんは歯科医師で外に愛人がいたようで、ほとんど家に帰っていないようでしたので、その奥さんも負けじと若い僕を奴隷にしていました。
とはいってもセックスのたびにお小遣いをくれて、食事やパソコンなど何でも買い与えてくれたので、とても幸せでした。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.